Welcome to Healing Touch Japan.

Rumi

こんにちは。ヒーリングタッチ・ジャパン(HTJ)代表の橋本ルミです。新しく生まれ変わったヒーリングタッチ・ジャパンのホームページが、皆さんのお役に立つ事を願っています。 ヒーリングタッチ・ジャパンの主催する講習会では、アメリカで確立されたスタンダード・カリキュラムを、日本語で安心して学んで頂けます。そして、日本で深まった「癒しの感性と技」をヒーリングタッチ・ジャパンの活動を通じて世界に発信していきたいと願っています。 日本各地での講習会や講演活動を通じて、多くの方々とお会いできる事を心より願っています。これからも、どうぞよろしくお願い致します。

President Signature

Rumi Hashimoto, MSN, RN, HTCP/I

ヒーリングタッチ・ジャパン代表
ヒーリングタッチ認定プログラム講師・有資格メンター
ホリスティック・ナース

0
設立・Established

0+
講習会・Workshops

0
受講者・Participants

Janet’s Story.
Honoring Our Founder.

ヒーリングタッチの生まれ故郷はアメリカです。そして生みの親は、アメリカ人のホリスティック・ナース、ジャネット・メントゲンさんです。20数年前に看護継続教育としてスタートしたプログラムは、その後、ジャネットさんの強い希望で、ナースだけで はなく、全ての人に幅広く公開された世界レベルの認定プログラムとして、世界34カ国に広まり10万人以上の人たちが学んでいます。

ヒーリングタッチの歴史

Standard Curriculum : カリキュラム.

米国ヒーリングタッチ認定プログラムの認定したコア・カリキュラム(レベル1~5)に忠実にそった日本語カリキュラムは、講義と体験学習を通じて、レベル1からレベル5まで、段階的にヒーリングタッチの概念と技を学びます。レベル1〜3までの基礎コースでテクニックを学び、レベル4と5のプラクティショナー養成コースでプラクティショナーとして実践活動をするために必要な勉強を続ける事ができます。レベル4と5の間には、約1年間の研修期間があり、メンター(指導者)の資格を持つ、ヒーリングタッチ・プラクティショナー又はヒーリングタッチ・インストラクターの指導のもとで研修課題に取り組みます。

カリキュラム詳細

レベル1は、5つのレベルからなるヒーリングタッチ認定プログラムのコア・カリキュラムの第1段階のコースです。1日8時間、2日間で合計16時間のコースで、エネルギーを基盤とした健康と癒しの元氣療法としてのヒーリングタッチの基礎概念と技を多くの体験学習通じて学びます。

レベル1で学んだヒーリングタッチ・テクニックは、すぐに実生に活かすことができます。友人や家族の役に立つことは勿論、自分で自分にできるセルケアとしてのヒーリングタッチのテクニックも学びます。ヒーリングタッチはナースは勿論、他の医療従事者の方や一般の方にも広く公開されています。

もっと見る
レベル1と同じく、1日8時間、2日間で合計16時間のコースで、レベル1で学んだ基礎を更に実践に活用できるように、ヒーリングタッチの10のプロトコールを習得しながら、1時間のセッションを構成する体験をします。 また、法的、倫理的な観点からプラクティショナーの立場を理解し、的確なセッション記録の取り方等も学びます。新しいテクニックとしては背中へのテクニックを学びますが、腰痛などに対処する効果的なテクニックは、大変役立つ知識です。

もっと見る
レベル3は、5つのレベルからなるヒーリングタッチ認定プログラムのコアカリキュラムの第3段階のコースです。レベル1・2と同じく、1日8時間、2日間で合計16時間のコースです。レベル1・2で学んだテクニックの復習に加えて、キレーション・ハラライン瞑想を通じて、更にエネルギー層特有の介入方法を学びながら、引き続き1時間のセッションを構成する体験をします。HPS(超感覚的知覚)の存在を受け止め、更に意識の拡大を体験する機会となります。

もっと見る
レベル1〜3までのコースと異なる点は、レベル4以上のコースは、今までと違い新しいテクニックの習得ではなく、認定プラクティショナーになる準備をするための勉強の基礎ずくりをすることにあります。

コースは、通常合宿形式で、3泊4日、合計30時間のコースです。

レベル4修了時点で、ヒーリングタッチ・プラクティショナー研修生となり、約1年間の研修課程が始まります。研修生は有資格メンターの指導のもと、研修課題に取り組み、最終段階のレベル5に備えます。

もっと見る
レベル5は、5段階からなるヒーリングタッチ認定プログラムのコア・カリキュラムの最終段階のコースです。

レベル5では、研修課程で得た学びを他の研修生と共有し、プラクティショナーとして症例管理ができる知識と技量を習得したことを確認する課程でもあります。レベル5修了後、研修生は、プログラム修了証明書を受け取り、ヒーリングタッチ・プラクティショナーとしての名称を使用することができます。プログラム修了生は、次のステップである認定プラクティショナーとしての認定の申請をする資格が与えられ、認定を希望するプラクティショナーは、その申請準備をスタートさせることになります。

もっと見る
認定プラクティショナーとして、最低1年間の経験を積んた後に、レベル1のインストラクターの認定を受ける養成コース。認定講師の推薦が必要となります。日本人講師の誕生を支える活動もヒーリングタッチの大切な仕事です。準備が出来次第ご案内します。

8周年を記念して.


ヒーリングタッチ・ジャパンの活動は、世界中から注目を集めています。2010年に日本で初めてヒーリングタッチを紹介してから8年の間に、多くの人達に出会い、日本全国を駆け回ってきた活動の成果が、6名のヒーリングタッチ・プラクティショナーの誕生、そして日本での資格認定制度の確立という形で、また新たな節目を迎えました。8周年記念のスライドショーをご覧下さい。 
画面右下のフルスクリーンのアイコンをクリックすると、大きな画面で見られます。

関連資料

Be GenKi International.

ビ・ゲンキ・インターナショナルは、米国、南カリフォルニアに本部を置き、世界レベルで活動を続けています。「元氣」の発祥地である日本においては、元氣セラピーの代表的な存在であるヒーリングタッチ認定プログラムを総括しているヒーリングタッチ・ジャパンの活動を全面的に支援するとともに、日本文化と融合し生き続ける「元氣コンセプト」を、日本中にそして世界に向けて発信しています。 

Be GenKi ホームページへ