ヒーリングタッチ・レベル5

レベル5は、5段階からなるヒーリングタッチ認定プログラムのコア・カリキュラムの最終段階のコースです。

レベル5では、研修課程で得た学びを他の研修生と共有し、プラクティショナーとして症例管理ができる知識と技量を習得したことを確認する課程でもあります。レベル5修了後、研修生は、プログラム修了証明書を受け取り、ヒーリングタッチ・プラクティショナーとしての名称を使用することができます。プログラム修了生は、次のステップである認定プラクティショナーとしての認定の申請をする資格が与えられ、認定を希望するプラクティショナーは、その申請準備をスタートさせることになります。

コースは、レベル4同様、通常合宿形式で、3泊4日、合計30時間のコースです。レベル5修了時点で、ヒーリングタッチ・プラクティショナーとなり、申請課程と審査段階をクリアすれば、日本でのヒーリングタッチ認定プラクティショナー認定資格を取得することができます。

主な学習目的

  • セフルケアも含めて、ヒーリングタッチ認定プラクティショナーとしての成長の再認識
  • プロフェッショナル・プロファイル・ブックの発表と評価
  • レベル4~5の間の研修期間に課された研修課題の提出と審査
  • 10の癒しの療法を受けた体験を通じて作り上げた他の補完代替医療セラピストとのネットワーク
  • グループ・ヒーリングセッションの演習
  • 準備した症例(ケース・スタディ)の発表を通じて症例管理についての学ぶ ヒーリングタッチ認定プラクティショナーの認定資格申請過程に必要な要素の理解

レベル5講習会の開催日検索

講習会最新情報をご覧下さい!